『愛知』と『名古屋』の地名の由来を調べてわかった共通点

愛知県・名古屋の地名の由来

ふと思ったわけです。愛知県民ですのでね。

愛知と名古屋の地名の由来って何だろうと。

ということで早速ネット波乗り開始です!

愛知の由来

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/koho/0000007714.html

参考 愛知県公式サイト

あゆちがあいちになった説

「あいち」の地名は、万葉集巻三の高市黒人の歌「桜田へ鶴鳴き渡る年魚市潟(あゆちがた)潮干にけらし鶴鳴き渡る」に詠まれている、「年魚市潟(あゆちがた)」の「あゆち」が「あいち」に転じたと言われているそうです。

高市黒人って誰?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B8%82%E9%BB%92%E4%BA%BA

飛鳥時代の官人ということですが、詳細見てもあまり経歴はわからず。とりあえずウィキを載せておきます。

年魚市潟って?

https://kotobank.jp/word/%E5%B9%B4%E9%AD%9A%E5%B8%82%E6%BD%9F-427712

名古屋市の南区辺りを示すようで、かつては入り海(海岸や湖の一部が陸側にえぐるように入り込んでできた地形)だったとのこと。

名古屋の由来

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/koho/0000007714.html

参考 地名由来辞典

荘園名説

平安時代末期の荘園名として『那古野荘』『名護屋』『浪越』『名越』などが表記され、江戸時代には『名古屋』と『名護屋』が併用され、徐々に名古屋と呼ばれるようになったそうです。

気候風土がなごやか説

崩壊地形を表す『なご』に、湿地を表す『や』で『崖下の湿地』を意味するとのこと。

浮かび上がった地名の由来の共通点

愛知県と名古屋の由来を調べてみたのですが、こんな由来があったのですね。

そして、愛知の由来『年魚市潟説』と、名古屋の由来『なごやかな気候説』を考えると、湿気の多い土地柄から、愛知と名古屋という地名になったのかなと思います。

湿気がすごくて、名古屋の夏場の暑さはやばいですからね。

 

と言うことで!愛知と名古屋の由来について、調べてわかったことがあったら追記していきます。

何か知っている方はぜひ教えて下さい♪

関連記事

  1. 【名古屋が魅力ない街ランキング1位の理由】3つの原因と愛知県民が考える本当の魅力

  2. 名古屋かな世界を始めた3つの理由